レーシック手術の方法

 具合的な、レーシック手術の手順を紹介していきましょう。通常のレーシック手術の場合はマイクロケラトームという眼球用カンナで、眼球の表面、角膜を薄く切れ目をいれてめくります。このフタ、フラップは完全に切り取るのではなく、一部は眼球にくっついたままにしておきます。イントラレーシックと呼ばれるレーシック手術は、このフラップの作成を「イントラレースFSレーザー」というコンピュータ制御で行う方法です。マイクロケラトームに比較して正確に、そして薄く切れるため、より安全な方法として最近はイントラレーシックを選ぶ人が増えてきました。
 そしてフラップを作ったあと、角膜実質層にレーザーを当てて一部分を削ります。レーシック手術で使われるレーザーは、エキシマレーザーというもので、エキシマガスを使い、レーザーを発生させるものです。エキシマレーザーは波長が短いという特徴があり、機械制御で、ミクロン単位での正確な切除が可能なレーザーです。また、通常外科手術などで使われるレーザーメスは、加熱によって切開を行いますが、エキシマレーザーは温度上昇が起こらないのも特徴的で、普通は熱に弱い角膜も、痛みもなく安全に削ることが可能になるのです。レーシック手術の視力回復が早いのは、このエキシマレーザーのおかげなのです。
 そしてフラップをもとの位置に戻します。完全にフラップが元通りになる事はありませんが、時間経過とともに徐々に眼球にくっつく力が強くなり、外れにくくなっていきます。通常の生活をしている場合には簡単には外れるようなものではありません。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る