レーシックの年齢制限

 レーシック手術は、子供と高齢な人は受けることができません。それでは具体的にレーシック可能な年齢はいくつなのでしょう。一般的にレーシックは20歳以上から40歳程度がベストとされています。ですが、この年齢はクリニックによって差があり、18歳から受けられることも多く、ご高齢の方にレーシック手術を行うクリニックもあります。
 なぜクリニックごとに差があるのかはともかくとして、まずレーシック手術に適齢期が存在するのか、その理由を見てみましょう。まず10代でレーシック手術を受ける場合、視力がまた下がってしまう確率が高いことが理由です。成長途中の場合、眼球ももちろん成長していますから、視力そのものが安定していません。もちろん人によっては、二十歳を過ぎても成長は続きますから、18歳になったから、20歳になったからといって誰でも受けられるわけではないのです。ただ、10代でレーシック手術を受けたいというのであれば、裸眼視力が必要な職業につきたい人、例えば競艇選手を目指したいなどの理由があっての事でなければ、視力が戻ってしまうことが多いのでなるべく止めておくべきです。
 また、上限があるのは、老眼や白内障とのからみがあります。老眼はそのそもレーシック手術では治りません。老眼によって手元が見にくくなるのは、角膜が原因ではないからです。仮に近視と老眼が併発していた場合、近視は治せても老眼は治りませんから、老眼によって視力が衰えた人に対して視力回復効果はありません。ただ、遠近両用メガネから通常の老眼鏡に変えることは可能ということになります。白内障も老眼と同様、レーシックでは直せませんし、そもそもレーシック手術は禁じられています。また、レーシックを受けた人の白内障の手術は難しくなり、特にレーシック手術で視力が安定しないうちに白内障の手術を受けると白内障の眼内レンズの度数が合わなくなってしまいます。白内障も老眼も、早い人は30代で始まることもあります。ですから、高齢になれば手術を受けられない人は増えますし、レーシック手術をしても思ったほどの効果がないケースも増えてきます。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る