レーシックはもう一度できる?

 レーシック手術を受けて視力が回復しても、その後また視力が下がってしまう人がいます。レーシック手術を受けたいと考えている場合は、そうしたリスクはもちろん知っているはずですが、そうなると心配になるのが、レーシック手術がもう一度受けられるのかどうかです。
 実際再手術可能かどうかは、その人の角膜の厚みにもよるので、受けられる人と受けられない人が出てきます。ですから、角膜が薄い人意外は、ほとんど再手術は可能ということになります。それではどの程度まで可能かとなると、角膜の厚みがどの程度必要かどうかは医師によっても見解が異なります。最初に手術を受けたクリニックでは再手術が可能といわても、違うクリニックに言ったらもう削るのは危険だと言われてしまうこともあります。もちろん逆のパターンもあるわけです。ひとつのクリニックで不可能と言われても、他のクリニックを探せば可能なこともあるのです。どちらが正しいのかは
 ですがもちろん、通常のレーシックの再手術は、最初のレーシック手術よりも視力戻りのリスクが高くなります。片方の医師が止めたほうがいいといっている場合に再手術ともなれば、最悪白内障の手術さえ受けられなくなる危険もあります。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る