レーシックの後遺症?

 レーシック手術そのものは、99%以上の成功率の高い手術です。ですがもちろん合併症の危険があることはすでにお分かりの事と思います。レーシック手術の合併症として起こりやすいドライアイや、ハロ現象やグレア現象は通常数か月で治まると言われています。ですが、人によっては長い間合併症が続き、後遺症として残ってしまうケースもあります。光に対して過敏に反応してしまう場合、ハロ現象、グレア現象、夜間視力の低下などがずっと続いている人もいます。検査では何も異常がなく、視力検査でも良好な結果になっているのに結局生活しにくくなったという場合、なかなか後遺症として認めてもらえずに苦しんでいる人もいます。
 また、レーシック手術によって眼病の発生率が上がることはないと言われていますが、もともと強度の近眼の人は、緑内障や白内障、飛蚊症などの発症率は高くなっています。レーシック手術を受けていなくても発症した可能性のある病気ですから、レーシックの後遺症かどうかは断言することはできません。ですから発生率が上がることはないのであって、発症する可能性がないわけではないのです。
 レーシック手術に関する後遺症は、手術後1年間は全額自己負担の自費診療になります。手術後のケアを無料で行ってくれるクリニックもありますが、そのクリニックで症状の改善が認められずに、もしくは満足のいく治療が受けられず、他の眼科にいった場合はもちろん自費診療です。高額なために、医者に行かずに我慢してしまう事もあります。そして結果的に症状を悪化させてしまう事もあれば、ずっと我慢をしてしまう事もあります。
 レーシック手術は、手術そのものは手軽であっても、その後の長い人生を左右する大きな買い物です。どんなリスクがあるのか、覚悟はしておく必要があります。レーシック手術は、手術をする側もされる側も、インフォームド・コンセントに対して軽く考えている場合があります。少なくとも手術を受ける側は、きちんとリスク説明を行ってくれる、誠実で信頼できる医院を選んで下さい。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る