レーシックの費用はどのくらい?

 レーシック手術は、日本ではじまったばかりの頃は片目30万円程度が相場でした。現在のレーシック手術は安いところでは片目10万円以下で行える事もありますし、高いところでは片目で50万円近くする場合もあります。なぜこんなに金額に差が出るのかというと、まずレーシック手術は自由診療であることが大きな理由です。保険診療とは違い、自由診療は病院やクリニックが自由に金額を付ける事が可能です。
 その他金額が異なる理由は、お客さんが多い医院はコスト回収しやすいため、やはり安くなることが多くなります。レーシック手術のための医療機械は高価ですから元を取らなければいけません。一台の機械で多くの手術ができれば、もちろん価格を下げることができます。ただ、医療機器は新しいものの方が基本的に安全です。安全な機械を買い替えている医院であれば、なかなか価格が安くならない事も考えられます。
 また、術後のケアが含まれる場合、高額になる事がありますし、検診費用が別途必要になるクリニックの場合は安価な金額になっているのが普通です。事前検査が有料のところと無料のところももちろんあります。地方在住の方で、定期検診の度にクリニックに行くのは難しい人はいるでしょう。その場合、地元の眼科で検診を受けるつもりで、検診費用が含まれないクリニックを選ぶというのも一つの考え方です。定期検診の費用も含まれているクリニックでレーシック手術を受けて、地元で検診を受ける場合は、二重に費用を支払っている事になるからです。レーシック関係の検診は自費診療ですから、ばかにならないお金がかかります。目薬や抗生物質なども全額自費で購入することになります。
 遠方にあるクリニックで、レーシック手術を受ける場合にはもちろん交通費や宿泊費なども必要です。手術費用だけでは、最終的にどのくらいのお金がかかるのかは判断できません。もちろん手術費用が高額なところの方が安全とも限りませんし、安いところが良心的とも限りません。手術費用だけで自分に向いたクリニックは探せませんから、場所や手術費用、手術費用に含まれるものの範囲がどこまでなのかを総合的に考える必要があります。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る