レーシックの原理

 なぜ角膜を削ると視力が回復するのか、まずはレーシックの原理を見ていきましょう。レーシック手術は、角膜屈折矯正手術のひとつで、角膜にレーザーを当てて視力を矯正する手術です。通常近視や遠視、そして乱視などは眼鏡やコンタクトによる矯正を行います。わかりやすいように眼鏡を想像してみて下さい。近視の眼鏡は外側のカーブより内側のカーブが急になっています。遠視はこの逆です。近視の矯正には凹レンズ、遠視では凸レンズです。
 現在も軽度の近視で使われている、RK手術は、角膜を削るのではなく、角膜の方面に放射状に切り込みを入れます。すると、角膜を結合する力が弱まり自然と真ん中がくぼむ事になります。もともと日本で始まったRK手術は、円錐角膜という、角膜が前方に飛び出してくる病気の治療方法として考案されたものです。レーシック手術も、方法は事なりますが、角膜のカーブを変えるための手術だと考えると理解しやすいのではないでしょうか。
 それではなぜカーブを変化させることで視力が回復するかという事になりますが、ピントが合っている位置は、通常網膜です。近視や遠視はその焦点深度が網膜より手前か奥にある状態です。メガネやコンタクトは、目の前にレンズを乗せることで焦点深度を調整しますが、レーシック手術では角膜そのものの屈折を、形状を変える事で実現するのです。カーブがなだらかになれば焦点深度は後ろに下がり、カーブが深まれば手前に焦点深度が移動する事になります。
 角膜の形状を変えて屈折を変える事ができれば、メガネやコンタクトで視力が矯正された状態と同じように視力が上がることになるのです。近視の場合、レーシック手術では角膜のカーブを減らすことで視力を回復させることになります。視力そのものは、手術直後は視界に「もや」がかかったように見えますが、見える人はすぐに効果が実感できます。ほとんどの人は数時間で視力が安定し、一日で視力が回復します。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る