近視、遠視、乱視の違い

 遠くにあるものが見えにくい、近眼の人は、網膜で合う筈のピントが、その前であってしまうので見たいものに近づくと焦点が合うようになります。逆に近くに近くのものに焦点が合いにくい遠視は、網膜の後ろでピントがあうようになってしまうという事です。なぜ網膜の前と後ろで像が結ばれてしまうのかというと、角膜から網膜までの長さが、正常な目とは異なっているからです。角膜と網膜の距離が長すぎると、近眼、角膜と網膜の距離が短いと遠視になってしまうのです。ですから、この距離を調整するために、近視の人は凹レンズを使い、光の屈折を弱めることで遠くのものも見えるように焦点を調整します。
 逆に遠視の人はルーペと同じ原理の凸レンズを使い、近くのものが大き見えるようにして眼精疲労を防ぎます。強度の遠視でない場合は、自分で凸レンズの情店距離を合わせる事ができるため、自分が遠視だと気付かない人もいます。
 そして乱視とは、そもそも焦点が一か所に集まらない状態のことです。レンズそのそものが、ゆがんでいるということですから、物が二重に見えたり、近くのものも遠くのものもぼやけて見えたりしてしまいます。特に暗い場所では距離感がつかめず、とても危険な状態になります。乱視の矯正方法は、円柱レンズかハードコンタクトレンズかハードコンタクトが主流です。乱視は近視、遠視と一緒に症状が出る場合は、円柱レンズにさらに凹レンズか凸レンズを組み合わせたトーリックレンズを使ったり、近視・遠視用コンタクトレンズと乱視用眼鏡を併用したりする場合もあります。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る