目の構造と視力

 なぜ、レーシック手術で視力が回復するのか、その仕組みを知るには、人間の目の構造を知るのが近道です。まずは、人の目はどんな仕組みになっているのか知っていきましょう。  目は、光を感知する感覚器で、視神経を通して物を「見る」事ができるようになります。
 眼球の一番外側にあるのが、角膜です。この角膜と、その下にさらに前眼房があり、さらに虹彩、水晶体です。これら、角膜、虹彩、水晶体が光の屈折を調整する部分で、カメラでいえばレンズの役割を果たします。眼球の内部に詰まっている硝子体は、網膜、脈絡膜に囲まれ、黒目のある側、つまり水晶体がある目の全面の方には毛様体、チン小帯があり、このふたつがピント調節機能を持っています。眼球が強膜で覆われているのは、球状である眼球の形を保つためです。そして結ばれた像が、網膜によって神経信号に変換され、視神経を通して脳が画像を認識します。
 目の異常というのは様々な理由がありますが、例えば加齢とともにこの硝子は柔らかくなるため、目の中で浮遊するようになり、ごみが飛んでいるように見える飛蚊症などが起こります。緑内障は、視神経細胞が死んでしまう病気です。糖尿病による失明は、網膜以上が原因で起こります。
 ですが、こうした目の病気とは異なり、私たちが「目が悪い」と表現する近視や遠視、そして乱視などは、その原因の多くはピント調節機能の衰えです。
 屈折に異常がない目が、遠くのものも近くのものも焦点を合わせることができる、健康な目という事になります。ですが、日常的に屈折が上手くできない状態になる事があります。屈折異常が起こると、近視、遠視、乱視といった症状が現れる事になります。レーシック手術とは、こうした屈折異常を直すためのものになります。ですから、屈折異常が原因ではない白内障や老眼などは治すことができません。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る