レーシック以外の視力回復方法

 レーシック手術ができないと言われた人、やはり怖くてレーシック手術に踏み切れない人、レーシックによる視力回復ができない人は他にどんな方法で視力回復しているのか見ていきましょう。
 レーシックより安全だという事で広まっているのは、オルソケラトロジーという方法です。オルソケラトロジーは、特殊なコンタクトレンズを使って角膜形状を変形させることで、主として近視治療に用いられる方法です。一般的な使用方法は、就寝中に治療用のコンタクトレンズを装着して、日中は裸眼で生活するというものです。通常のコンタクトレンズは視力の矯正を目的にしたものですが、オルソケラトロジーは角膜の形状を、視力が良くなるように変形させるというものです。ですから、固いハードコンタクトレンズです。レーシックのように角膜を削る手術の必要がなく、自分の目に合わせたコンタクトレンズを装着しているだけという手軽さが魅力です。
 ですがオルソケラトロジーには欠点もあります。効果が出るまでは、年齢を含めた個人差が大きく、裸眼視力が安定するまで時間もかかるということです。すでに眼鏡で視力矯正しているとすると、だんだん視力があがっていくにつれて、その眼鏡は使い物にならなくなります。度が合わなくなっていくからです。ですから当然、矯正で車の運転免許を取得した人は、視力が安定するまでは車の運転はできなくなります。また、視力が安定してきても、レンズの装着をやめてしまうと角膜の形状はもとに戻ってしまいます。若い人の場合は近視の進行を食い止める効果もあるとされていますが、すでに近視が進んでいる人は裸眼で過ごすためにはずっとレンズを使い続ける必要があります。
 ですが、そのオルソケラトロジーの欠点、使い続けなければいけないというデメリットを克服した方法もあります。日本ではまだ認可させていませんが、オルソケラトロジーを進化させたコルネアプラスティーという方法です。オルソケラトロジーによって作ったクセを、酵素によって半永久的な物にする方法です。タンパク質汚れを落とす、酵素入りの洗剤がありますよね。酵素はタンパク質の結合を弱めるつからがあります。角膜を作る要素のうちのひとつ、タンパク質を柔らかくしてクセ付けしやすいようにして、オルソケラトロジーと同じハードコンタクトレンズを装着します。そしてまた、酵素を使ってタンパク質を固めれば、もうコンタクトの装着を続ける必要はないという画期的な方法です。コルネアプラスティーは、レーシックと違ってほとんどの人がやり直し可能という点も魅力的です。数年以内には日本で認可されるのではないかとウワサされていますから、レーシック手術が怖い人は一考の価値があるでしょう。
 その他の方法としては、フェイキックIOLも有名です。眼内レンズといった方が、なじみがあるかもしれませんね。眼内レンズはもともと、白内障手術で水晶体を摘出したあとに入れる人口の水晶体を指しますが、視力回復のために入れる眼内レンズは、コンタクトレンズのように矯正機能のあるレンズを、水晶体を残したまま入れるものです。そのため、眼内レンズではなく、眼内コンタクトなどと呼ばれる場合もあります。レーシックとは違い、角膜表面ではなく強角膜に切れ目を入れてレンズをはさみ、その後縫合を行います。フェイキックIOLの長所は、強角膜を切開するため、角膜が薄い人でも手術が可能なこと、そして何らかの不具合があった場合には取り外すことでもとの状態に戻れるということです。レーシックより難しい手術のため、施術できる病院が少ないことや、片目ずつしか手術できない、レーシックより高額などの欠点がありますから、日本ではレーシック手術ができない人に選ばれる事が多くなっています。

レーシック手術のその前にTOPに戻る

PR

ページのトップへ戻る