コンタクトや眼鏡に頼って生活している人にとっては、裸眼で不自由のない生活というのはとても大きな憧れがあります。視力が回復すれば、車の運転をするときにいちいち眼鏡をかける必要もありませんし、コンタクトレンズのケアも必要ありません。また、コンタクトレンズは、取扱いを間違えれば眼病の危険もあります。煩わしさや危険を減らすために使い捨てのコンタクトレンズを使い続けると、今度はばかにならないお金がかかってしまいます。
 そんな人たちにとって、視力回復手術というのはとても魅力的な物です。そして今や視力回復手術といえば、「レーシック手術」といわれるくらいに広まったのが、角膜屈折矯正手術であるレーシック手術です。誰でも簡単に、そしてすぐに視力が回復する安全な方法、そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。それとも逆に、後遺症や合併症、レーシック手術のリスクが気になる人も多いかもしれませんね。
 どちらにせよ、レーシック手術の前に知っておくべき心構えや、基本的な知識があります。ほとんどが成功する手術だからと甘く見ていて、アフターケアを軽く考えてしまう事もあれば、自然に収まる事の多い症状で過剰に心配になってしまうこともあるかもしれません。
 また、レーシック手術は全ての人ができるわけではありません。体質的な物や、目の症状だけではなく、レーシック手術を受けてしまうと付けなくなる職業などもあります。
 レーシック手術をする前に知っておいてほしい事を、このホームページではまとめています。後で後悔しないためにも、レーシック手術をするのならきちんとレーシック手術について知ってください。

PR


dir
ページのトップへ戻る